収益条件の良い貸し会議室

収益条件の良い貸し会議室

空いているスペースを会議室として貸し出すことが可能ととなった場合、
オフィスビルを有効に使うことにもつながる。
その結果、直接的・間接的のどちらにせよ組織である会社の収益の向上につながることになる。

 

ある企業では、本社ビルの遊休会議室を貸し会議室として有料で貸し出しを始めたところ、
立地の良さが好条件となり、好評であったという。

 

またある企業では、空いている事務所を貸事務所として賃貸契約していた時よりも、
貸し会議室として貸し出したことにより、
以前に比べ約2倍の収益を得られるようになったということも報告されている。

 

またある企業では結婚式場を貸し会議室としてビジネスを展開している。

 

結婚式場が平日は比較的空いており、
使用されていない日はこのスペースがお金を生み出さないスペースになっている点に着目した。
そこで結婚式場と運営受託方式で契約を交わし、
空いているスペースを貸し会議室として貸し出すことで
結婚式場側にも自社側にも双方に利益が得られるようなシステムを構築している企業もある。

 

更に貸し会議室は、既存の設備を最大限活かすことが可能で且つ、原状復帰も容易である。
故に改装費や工事賃等の初期投資や運営開始後のランニングコストも低く抑えることができる。
このように低コストであり低リスクであることが、高収益を生み出すことにつながっているのである。

 

このように貸し会議室はビジネスを手軽に始められること、
空きスペースを有効に活用でき、尚かつ収益条件が良いことが魅力の一つということができる。